top of page

ファクトを学ぶ

更新日:5月11日

(この記事は4月5日のNewsLetterを編集したものです)


今あるおうちでもっと解放感のある暮らし

MAIMYLIFESTYLELABO 吉野舞依子です。

昨年から週末に日帰り山登りへ行くことが楽しみになっています。

先月息子と日帰りトレッキングへ。。いつもお世話になっている方から山登りトレッキング、ハイキングの違いについてお話を聞きました。それまでなんとなく山登りといっていた、言葉でしたが山登りもいろいろあって、自分に合ったレベルを選ぶことの重要性。いわゆる自分のファクト「事実」を知ることの大切さを実感することになりました。


例えば3人(Aさん、Bさん、Cさん)が一緒に山歩きに行き、同じルートを歩いたとします。それぞれが翌日に下記のように話していたとしても、誰かが間違っているということは無いのです。

A「昨日、山に登山に行った」

B「昨日、山にトレッキングに行った」

C「昨日、山にハイキングに行った」

よく調べると、①ハイキング ⇒②トレッキング ⇒③登山 の順で歩行レベルが上がっていくことが多く、歩行のスタイルとして使い分けされているのだそうです。 せっかくなので日帰り山登りに興味ある方に豆知識


ハイキング

「なだらかな山道を気軽に歩き、自然を楽しむ」というニュアンスで使われることが多いそうです。


トレッキング

「山頂を目指すことにこだわることなく山歩きをする」というニュアンスで使われることが多く、歩行時間、日数、標高差等に関わらず汎用的に使われているのだそう。


登山

「山頂を目指し、山を登ること」を指し、山歩きの中で”登る”というニュアンスが一番色濃く使われている言葉です。

それまで、人のアドバイスだけでなんとなく選んでいたメニューが、今やれる、あるいはやってみたい山登りのスタイルやこれから目指したいところが自分で選択できるように。これは自分が実際に経験して学んだこと。いわば「事実」の積み重ねファクトで選べる成長につながったという経験になりました。

ファクトとは、「事実」という意味で、実際に起こったことや既に存在することについての「事実」を一般的には指す言葉です。思い起こせばこんな体験もありました。


小学生の時、家族で日帰り登山をしてきた経験で、体力には自信があったファクトは40年近く前の話、知らず知らずに衰えていたんですね。親となり家族で登った山は、、全身筋肉痛で親指の爪が死んでしまい。体育会系ではない息子が平気で、元体育会系の私が筋肉痛で爪がやられる。同じ日帰り山登りですが、その感覚たるや歴然の差でした。これは今の自分のファクトを美化していたという事だと思います。


後に靴の重要性を知り、登山靴を購入。ハイキングやトレッキングを10回以上経験。それまでの運動に加え様々な運動療法をいれて、より体質改善に取り組むようになり、同じルートを上りましたが、あれれ?あんなに大変だった同じルートがすごく楽に登れて、気が付けば会話できる余裕も(笑)1年前の自分とは劇的な変化と成長を感じたこれは現在の「ファクト」ですね。


本やネットでは日帰り登山。トレッキングは初心者向けと書かれていますが、それが全員に当てはまるわけではないし、お世話になっているガイドさんに経験をよく知ったうえでアドバイスしてくださるので勉強になります。この体験で、息子は私以上に力があることがわかり、荷物持ってもらったりと息子に対する見方も変わりました。40年前のファクトの書き換えといってもいいと思います。

同じ山でもその人にとって初心者中級者上級者感じ方が全く違います。初心者だからこそ自分のファクトを知ることが大切だと痛感しました。


山歩きから得たことそれは各ルートの歩行時間、標高差を確認し、自分に合った山選びが大切。今では、経験者の人に意見を聞いたり、実体験を重ねることで、自分たちにできるかどうかを判断して決めています。おかげで自分たちのファクトをしって、選ぶことで楽しく快適な山歩きが楽しめるようになりました。


おうちの暮らしも子育ても同じこと

この考え方は、おうち空間を考えたり、、暮らしを考えたり時に子育てにも言えることだと思います。

  • あの先生が勧めているから

  • コンサルさんが提案してくれたから

  • みんながそうしているから

  • 広告にいいと書いているから

  • 世間の常識????

などなど、そういう基準で物事決めてしまっては。結局自分には合わなかった、失敗した。もっと言えば先生コンサルの責任!となりかねないわけですよね。

私も毎日ファクトを追求の日々。

何かを選ぶとき、失敗したくない。失敗は避けたい。最短ルートでできる方法を知りたい!そんな気持ちになることありませんか?今すぐできる!時短でできる!即解決!そんな広告がいまだ多く見られているのを見るにつれ、そういう気持ちの方が多いのだろうと思います。ですが、そういう時ってある一定のメンタルがあるのだと思っています


結論を他力に頼ってしまう

それは他力本願であるという事です。最終的な結論を他人に頼ってしまうという事。有名な先生とか、人気のある商品とかみんなが認めているとかあるいは私の初回の山登りのように、なんとなくで始めるとか(笑)

すべてをストイックにファクト!と声高らかに言うつもりはないのですが、せめて自分や家族の住むおうちや健康ぐらいは、ファクトを考えてもいいのではないかと思う私です。

LBOでは、基本的なことはもとより私の子育ておうち住替え談もお話ししたいとおもいます。経験してきたファクトをお届けしていきます。皆さんのお話きかせてくださいね。それでは皆様素敵な週末を♪私もまたハイキング行ってきます♪? ?登山?トレッキング?(笑)




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page